屋形船ファンの私が、屋形船について大いに語りつくします!
屋形船ファンでえ〜んかい!

屋形船ファンで宴会(えーんかい)タイトル

屋形船ファンで宴会(えーんかい)へようこそ!

屋形船のこと、もっと知ってみませんか?

川を見てみると、提灯の明かりが夕闇を照らし、水面にもやさしい光が映りこんだ提灯を下げている屋形船を、だれしも一度は、見かけた事があるのではないでしょうか。ゆっくりと水面を移動する屋形船は、さまざまな形状のものがあり端から見てるだけでも飽きないものの一つ。その船中で大勢の人が楽しい一時を過ごしていることを想像するだけでも、幸せな気持ちになれる日本の宴会風景です。

あなたは、そんな屋形船に、実際乗ってみたことはありますか?ケータリング料理充実な船には管理人、乗ったことありますよ♪

屋形船に驚かされるのは、まずその広さ。まるで、テレビの時代劇に登場するようなイメージの、純和風的な雰囲気を出しています。この雰囲気が素晴らしいの一言に尽きます。

江戸時代から続いている屋形船ですが、その頃は小さな船で、2〜3人乗り程。今でいう、公園の貸しボート程度でしょうか。 現在の屋形船は、トイレ、またはエアコンもあって、普通のお座敷と比べても、何の違いはありません。

そして、水面の近さや、窓を開けると、手を窓から伸ばすとすぐに手にかかりそうな、船のうねりで出来る水しぶき・・そして、船の上から見る、私たちが普段生活している街の様子・・・

いやでも、日常とは違う異空間に来てしまったような感覚になってきます。
そんな中では、見なれているはずの街の様子が・普段行き慣れている名所の数々が違って見え・そうした体験は子供の頃に帰ったかのように、感激すらすることでしょう。

このページでは、屋形船のことをもっと知って、多くの人に楽しんでもらおうというコンセプトで、屋形船のアレコレを取り上げています。

check

不用品回収の料金がとにかく安い

  • トップページ
  • 屋形船とは?
  • 屋形船の歴史1
  • 屋形船の歴史2
  • 屋形船の利用法
  • 目的別屋形船の楽しみ方1
  • 目的別屋形船の楽しみ方2
  • 屋形船とは?
  • おすすめ屋形船サイト集 リンク画像

屋形船コラム

屋形船は、日本の文化があざやかに花開いた江戸時代から続く、情緒ある乗り物です。その鮮やかさ華やかさから楼船とも言われていたそうです。
少なくとも20名程度、多くても7〜80名程度の人数で運行されています。
春・夏・秋・冬・・・それぞれの季節ごとに、全く違う顔を見せる景色を、屋形船から外を見て、季節の変化を楽しむ。そんな屋形船の乗り方は、あなたの気持ちもウキウキさせてくれるでしょう。
また、船内では、屋形船名物の天ぷらや、豪勢に海産物を使った料理が振舞われます。そんな屋形船料理の中でも豪華なのは、屋形船の中で作られる、海産物を贅沢に使った、屋形船オリジナルの鍋!冬の寒いときなどに舌鼓を打ってみてください。
また、他には春にはお花見を・夏には大花火を・秋にはお月見を・・色々な町の風景を、川の上の屋形船から覗くことができます。
また、宴会だけでなく、パーティーや、観光などにも屋形船は使えます。
どうですか?あなたも屋形船に乗ってみませんか?